トップページお知らせ無理のない予算はどう立てる?

お知らせ

2018.10.11 UP!

無理のない予算はどう立てる?

シリーズ:知らないままではもったいない おうち探しの基本の「き」


 

おうち侍

子供が生まれたのをきっかけに
マイホームを探し始めた謎の鳥。
まだマイホームを探し始めたばかりの
おうち探し1年生

 

デロ松

おうち探しのスペシャリスト。
娘にデレデレデロデロなので、通称デロ松。
宅地建物取引士
マンション管理士

デロ松:予算を決めずに物件を探すと、気に入った物件が見つかっても結局それを買えるだけの借り入れができないことってけっこうあるんだよね。

おうち侍:たしかに・・・。35億円は無理かな。

デロ松:でしょ。お金をかければかけるほど理想の住まいに近づくけど、そもそも買えなかったり、ローン貧乏になったら意味がいないからね。

おうち侍:風船と一緒だ。

デロ松:どういうこと?

おうち侍:おうちへの夢も無理に膨らませすぎると危険!割れちゃうから。

デロ松:あぁ、確かにそうだね。けど、ネガティブにとらえることじゃないよ。無理のない予算を分かったうえで夢を膨らませるのと、限界まで夢を膨らませた後で夢を萎めるのとでは同じ住まいでも、住んでからの満足感が違うよ。ということ。

おうち侍:じゃあ、まずは予算を決めないとだね。


 

Point①

予算の決定時期が住まいへの満足度を左右する!

「借りられるお金」と「返済できるお金」を把握して予算を決定するのが正解


 

チェック①借りられる上限は??

勤続年数や勤務先の規模、年収、年齢等により条件は異なりますが、一般的に1年間に借りられる枠は年収の30%~35%が目安となり、期間は35年もしくは75歳または80歳に達する期間のうち短い方が最長の借入期間となります。

 

ちなみに・・・、
年間140万円の借入枠があり、期間35年でローンを組むと

3,270万円が借りられ、月々約86,000円の支払いになります。


 

チェック②無理なく返済できる上限は??

毎月の支払いや期間のことも大切ですが、それ以外に家を所有することでかかる税金や維持費といった出費と、ローンを組むことで得られる税制上のメリットや団体信用生命保険のことなど、総合的に考える必要があります。


 

今回のまとめ

住んでから後悔しないためには最初の予算設定がとても大切です。

>次回は「金利のあれこれ意識してる?」をお届けします。

【WEB予約特典!】1,000円分のQuoカードをもれなくプレゼント!


ページの先頭へ

Copyright(C) 尾張・あま不動産ナビ All Rights Reserved.