トップページお知らせ金利のあれこれ意識してる?パート2

お知らせ

2018.11.04 UP!

金利のあれこれ意識してる?パート2

シリーズ:知らないままではもったいない おうち探しの基本の「き」


 

おうち侍

子供が生まれたのをきっかけに
マイホームを探し始めた謎の鳥。
まだマイホームを探し始めたばかりの
おうち探し1年生

 

デロ松

おうち探しのスペシャリスト。
娘にデレデレデロデロなので、通称デロ松。
宅地建物取引士
マンション

デロ松:毎月の支払い金額が同じでも、必ずしも借入金額も同じになるわけではないことはなんとなく分かったかな?

おうち侍:ん~なんとなく。てっきり月々6万円の支払いだと、6万円×支払回数分のお金が借りられると思っていたよ。

デロ松:そうだね。キミほど極端な例は少ないけど、月々の支払額から逆算して、結局いくら借りられるのかをイメージできる人は少ないね。

おうち侍:僕は少数派なんだ・・・。だけど普通は分からないと思うよ。どうやって計算するかも分からないし。

デロ松:そうだよね。でも金利と利息の関係が分かればすぐにイメージできるようになるよ。

おうち侍:でた!金利・・・。

 


 

Point①

金利が変わると同じ借入金額でも月々の支払いと総支払金額は大きく変わる!?


 

まずは2,500万円を一般的な基準金利(2.475%)期間35年で組んだ場合の総支払額と月々の返済額を知ろう!

これを借入金額と期間を変えずに、金利だけ変えてみると


 

 

住宅ローンの借入金額を考える上で金利はとても大きな影響を与えます。たった1%金利が違うだけで500万円近く総返済額が変わることもあるため、金利動向には常に注意を向けておくことが必要です。


 

今回のまとめ

金利が予算決定に与える影響は想像以上に大きいので要注意!

>次回は「金利のあれこれ意識してる?パート3」をお届けします。

【WEB予約特典!】1,000円分のQuoカードをもれなくプレゼント!


ページの先頭へ

facebook

Copyright(C) 尾張・あま不動産ナビ All Rights Reserved.